sutdy-ha-infinityの日記

1日30分の勉強で、昨日の自分を越えていこう!

国家資格「応用情報技術者」を取得したサラリーマンも実践中!【勉強を継続させる方法】

 

⓪本題の前に~自己紹介~

①結論

 【記録化】

 【発信】

 【1日あたりの勉強時間は多くしすぎない】

②記録化するメリット

③発信するメリット

④1日あたりの勉強時間は30分から始めよう!←重要

⑤勉強の何を記録すべきか

⑥勉強記録アプリはstudyplusがおおすめ!

 

⓪本題の前に~自己紹介~

 私は大学卒業後、会社員となった、25歳(歴3年目)男性です。 社会人1年目の秋頃、社会人になってようやく、勉強は無限大可能性を秘めた自己投資だと気が付きました。そしてすぐに、社会で必要とされる人材になり、生き抜くために必要な勉強はなにか考え、行動に移しました。 それから早2年3ケ月が過ぎ、この間勉強を継続した甲斐あって、国家資格である、 ①基本情報技術者(独学) ②応用情報技術者(独学) を取得するまでになりました。現在、ネットワークススペシャリスト合格にむけて全力疾走中の身であります。 勉強の意味、価値、必要性、勉強ノウハウ(独学)、時間管理、計画性、メンタル面など実体験に通して培った経験を発信するブログとなりますので、ご愛読いただけましたら幸いです。

 以下の記事も載せておきます。

sutdy-ha-infinity.hatenablog.com

sutdy-ha-infinity.hatenablog.com

 

 

①結論 

【記録化】

【発信】

【1日あたりの勉強時間は多くしすぎない】

 

 この結論はマインド的な部分の内容になります。このマインド部分を自分で上手に操ることで勉強の継続を実現していきます。

 

仕事や家事などで忙しくて、勉強が継続できない人、三日坊主でなかなか継続ができない人等に向けて、どうやったら勉強が継続できるようになるのか私の考えをお伝えさせていただきます。

 

もう既に見出しに結論を載せましたが・・・

単純すぎる!!なんて感想もあるかもしれません。

この後に記録化、発信、勉強時間は多くしすぎないということで得られるメリット等も載せてありますので最後までご覧下さい。

 

②記録化するメリット

 

◎目で見えて自分の努力、頑張りが可視化され、自分でしっかり認識できる

 

◎勉強認識により、物事に取り組む際の大きな原動力であるモチベーションが向上する

 

 

◎日々記録化することで、勉興+記録=ルーティーン化する

そして私生活の一部に自然と「勉強」という行為が溶け込み、勉強が継続。

 

◎記録中は短時間でも勉強に集中しようという意識が生まれ、勉強の質があがる

     

◎メリハリをつけられるようになり、時間管理も上手になる

 

 

発信はインスタグラム(Instagram)やツイッターTwitter)、ブログなど活用すると自部の頑張りを見てもらえ、よりモチベーションに繋がるかと思います!

③発信するメリット

 

◎周囲と勉強記録を共有して、見られているという感覚や義務感を作り出し、自身の勉強から逃げたいという甘さを払拭できる

 

◎周囲の進捗具合をみたり、同じ志や目標、ゴールを持つ人とつながることで、刺激がもらえたり、モチベーションが向上する

 

◎勉強の孤独感が薄れ、仲間と歩んでいると感じることができる

 

◎勉強実績を上げたい!という欲や競争心を持てる

 

 

★まだある!メリット!★

 

勉強継続ができてくると・・・

 

 資格やスキル、知識が身につく(当然!!!)

     ↓

 実力が上がる

     ↓

 周囲の自分に対する評価・見方が変わる

     ↓

 信頼を勝ち取れる

     ↓

 自分が働きやすい環境や立ち位置に置かれやすくなる

     ↓

 本業・私生活ともに充実感に満ち溢れる ← ゴール🏳‍🌈 ヤッター!!!

 

なんて明るい未来が待っているはずです!

 

 

④1日あたりの勉強時間は30分から始めよう!←重要

 

 実はこれが勉強継続に影響する、一番重要なポイントです。

 

見出し①結論には、【1日あたりの勉強時間を多くしすぎない】と書かせていただきました。

この真意は、1日あたりの勉強時間を増やしすぎると、長期継続出来ない可能性があるということを指しています。

 

この記事を読まれている皆さんはきっと、勉強を継続させたい、これから勉強に取り組もうとしているけど三日坊主にならないような対策をしておきたい、、、という思いを持たれている方が多いのではないでしょうか。

そんな皆さんの経験を思い出してみてほしいのですが、勉強の初め時や環境の変化(進学、就職、引っ越しなど)の直後は異様に勉強のやる気が出てきて、普段ならやらないような勉強量をしたり、もしくはしたくなったりしたことはありませんか?

 

私は何回もあります。小中学生の時は進研ゼミを入会をしたり、塾通いも最初だけやる気に満ち溢れてました。

しかし、そのうちやる気がどこへやら、進研ゼミに関して言えば1ページ開かない始末でした。塾も寝てしまうようになりました。

もしかすると、環境への”慣れ”が要因かもしれません。

 

しかし、それ以上に大きな要因と考えられるものがあります。

それは、やる気・モチベーションが高い時に達成した勉強量を、無意識のうちに自分のノルマラインとして定めてしまうことにより、段々とそのノルマラインを突破していくことにストレスや義務感、達成しなければという焦りを感じるようになります。

そして、ノルマラインに到達できなかった時には、過去の自分に”負けた”気分、や失望感を抱き、次第に勉強へのやる気、意欲、モチベーションがなくなっていく状態になってしまうのです。

 

 

だから、私は、1日の勉強は多くしすぎず、30分から始めよう!(=30分でOK!)と言わせていただきました。

 

1日30分の勉強をノルマと課したとしても、いざやってみるとあっという間に終わります。「30分の勉強じゃ全然勉強進まないよ!」「難関な資格は取れないんじゃないの?」と思う方もいると思いますが、安心してください。取れます。

 

ここで重要なのは、自分が設定した1日の勉強時間に対して、ストレスや義務感を感じないように、勉強時間のハードルを下げることです。

 

仮に資格取得のために勉強する場合、短期間で取得しようとせず、目線を遠くに設定し、1年~2年かけてゆっくりとるスタンスで取り組めばよいのです。

 

こうすると、”勉強”という行為を無理なく、長く継続できるようになります。

 

以下の記事も併せてお読みいただければ、1日30分の勉強でも積み重ねれば、大きな結果・成果となって自分に返ってくることを理解してもらえることと思います。

 

sutdy-ha-infinity.hatenablog.com

 

 

 

 

⑤勉強の何を記録すべきか

⑴参考書の呼んだページ数

⑵問題を解いた数

 

を最低限として記録しておくことをおすすめします。

ここに+アルファで、

 

⑶勉強内容

⑷今後の取り組み内容

⑷感想、

一言コメントするのは大いにアリ!です。

 

⑥勉強記録アプリはstudyplusがおすすめ!

 

実際に私が勉強記録に活用しているのは、スマートフォンアプリのstudyplusです。

実は大学生時代から利用しており、はや5年はお世話になっている記録化アプリです。

 

 

 🏳‍🌈実際の記録を参考に掲載します。

f:id:sutdy-ha-infinity:20220119202039p:plain

 

一日や週単位、月単位で勉強ログが見れます。

この勉強記録アプリstudyplusの良いところは

ユーザー同士フォローし合え、他人の勉強記録もみえることです。

同じ目標、志をもった人同士で繋がり、お互いの勉強記録を見ながら、刺激し合うことができます。

勉強をサボってしまってることもバレちゃいます。笑

ですが、自分の勉強記録が他人に見られているという意識が、勉強をしようという意欲、モチベーションにも繋がります。

 

負けん気がある私なんかは、周りが勉強している姿を見ると、やる気が出てきてしまいます。

 

ぜひ、勉強する際には、studyplusをインストールしてみてください!

 

あ、私へのフォローも待ってます!

ユーザー名は 勉慶の学 です。

フォローなどしていただいた際には一言ブログ見ました!なんて言ってもらえたら大変嬉しいです!

もう一度いいますね。フォローマッテマーーーース!

 

 

さいごに・・・

何か勉強を始めたい!とか

今の環境を変えたい!とか

もっとデキる、活躍する人間になりたい!など

その熱量を是非勉強に充ててみてはいかがでしょうか。

私も🔥野心🔥を持ちながら日々働き、勉強しています。

一緒に頑張っていきましょう!

 

 

では、今回はこの変で失礼します。

                 では、勉強してきます===3333