sutdy-ha-infinityの日記

1日30分の勉強で、昨日の自分を越えていこう!

【社会人に伝えたい】社会人が勉強をすべき3つの理由

 

1 新卒採用後、2年10ケ月で国家資格を2つ取得

2 理由① 簡単に周囲と差をつけられる

3 理由② 自分の市場価値が上がる

4 理由③ 一生の財産になる

 

 

 

 

 

 

本題の前に・・・

私は大学卒業後、会社員となった、25歳(投稿日現在)男です。

社会人1年目の秋、社会で生き残るために何が必要かと考えた結果、勉強をしようと思い立ち、勉強歴は早2年3ケ月が過ぎようとしています。

国家資格

基本情報技術者試験

応用情報技術者試験

の2つに一発合格しました。

現在、ネットワークススペシャリスト試験合格にむけて、日々勉学に励んでいる、そんな会社員です。

資格取得に使用した参考書等はこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 新卒採用後、2年10ケ月で国家資格を2つ取得

皆さんは”勉強”してますか。

 

 

私は現在、会社員をしている25歳です。

 

私は会社員になってから2つの国家資格を取得しました。

 

基本情報技術者試験

応用情報技術者試験

の2つです。

 

たった2年と数カ月がんばっただけで、この2つの資格を手にすることが出来ました。

 

勉強をすれば、少なからず”結果”を出すことへのプレッシャーを感じますが。そのプレッシャーから逃げずに、踏ん張ることを一歩ずつ、1日ずつ積み上げていくと、やがて大きな成果と結果となって帰ってくることをこの身で実感しました。

 勉強したいけど失敗したら・・・時間を浪費したら・・・意味がなかったら・・・と勉強をしなければいけないことを分かっているのに、やらない理由を探している方がいらっしゃれば、勝手ながら一言私から後押しの言葉を掛けさせていただきます。

「やらなきゃ一生、結果は出ない」

私も素人ながら、食いしばって、IT業界の高度資格であるネットワークススペシャリスト試験合格に向けて現在走り始めたばかりです。

 

まったく分からない問題もあったりしていますが、毎日取り組み、少しずつ前進しています。

一緒に頑張りましょう!

 

 

2 理由① 簡単に周囲と差をつけられる

 社会人の勉強時間は何分でしょうか。

私の主観で申し上げますと、ほぼ”0分”

に近いなのではないでしょうか。

YouTubeやインスタグラムなどSNSで勉強の発信をされている方が多くなってきた印象もありますが、本当に勉強している会社員は世の中ほんの一部だと思っています。

 

だからこそ、ここにチャンスがあると思いました。

周りが勉強しないのであれば、自分が勉強することで頭一つ飛び抜けやすい!そう思って私は勉強を始めました。

 

 

勉強をしない理由は様々だと思います。本当に忙しく時間が取れない人、会社に勤め、その現状、地位、立場に安心と居心地を感じて、現状維持を望む人、勉強が嫌いな人、勉強は無意味と考えている人など。

 

ただ、社会人になって2年3ケ月間勉強をし続けた感想は、「勉強は意味があった、やってよかった。」です。

抽象的な表現となり申し訳ありませんが、この感想の真意についてはこのブログ全体を通じて、読者の皆様に伝えていけたらと思っております。

 

 

3 理由② 自分の市場価値が上がる

 勉強をすると、内面にプラス思考の変化が起こります。

自信がついたり、余裕が生まれたり、新しいことに興味が沸いたり、視座があがったり・・・。

仕事で資格を活かす場面があれば、周囲の同僚、上司から評価してもらえたり、一目置かれることもあります。

 

この内面のプラスの変化や会社等での一定の評価が、相乗効果を生み出し、自身の市場価値の上昇へとつながっていくと感じています。

 

現に私は社内でIT部門に就きたい(現在は経理部門)という動機から、基本情報技術者試験及び応用情報技術者試験を勉強し、無事合格の結果を出しました。

この結果、まだ社内異動とはなっていないものの、周囲からは「凄い!」「自分の目指す分野、キャリアを積めることがきっとできるよ」という反応がありました。

来春の社内異動の際に、IT部門にいけることを願いたいものです。

 

仕事目線、会社目線でお話ししましたが、仕事、会社に生かされない勉強も決して無駄ではないです。

人生100年時代を迎えた今、プライベートの充実、趣味を広げる、心を豊かにする、自己肯定感を高めるを、勉強をする行為そのものによって得ることができるのではと個人的に思っています。

「知は得なり」ということわざがありますが、私生活、仕事どちらにも勉強は有益であるなとつくづく思います。

 

4 理由③一生の財産になる

 自分で得た知識はこの世では数少ない、減らない財産の1つです。

自分が努力した分、勉強した分だけ、血となり骨となり記憶として残ります。

 

資格を取得すれば、その多くが生きている限り、自身の経歴として残り続けるものばかりです。

 

 別に勉強なんかしなくても、苦手で出来なくても、世の中、人は生きていけます。

でも!

 勉強したら前者より、ちょっといい暮らし、人生が送れそう?!と思いませんか。

 

知っていれば得すること、知らなかったから損することが世の中沢山あります。

学生のように大人に守られている立場から、社会と子供たちを支え、自己責任の元生きていく立場にある社会人こそ、勉強すべきだと私は思います。

 

 

 

以上、社会人が勉強をすべき3つの理由でした。

読者の皆様に支えられながら、私も精一杯自身の目標に向かって走り続けたいと思います。